読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6つのキセキ

V6を中心に、中国地方よりお送りしています。

この冬ドラマ、何見てました?


曜日とか時間帯とか全く無視で、この冬ドラマの総括です
(総括とか言って、語彙力のないミーハー素人の感想です)



■真昼の悪魔
田中麗奈怖すぎか。オトナの土ドラは「火の粉」が最高だったんですけど、キャスト被りすぎでしたよね。でもそれが最高でしたー。安心して入り込める俳優さんばっかりでしたから、やっぱりいいですよね。演技力ある方だけしか出てない作品ってやっぱりいいですよね。これがドラマですよね!
田中麗奈は本当に許されないことをしてるんですけど、私はどこか憎めなくて、幸せになってほしいなぁと思ってしまいます。そう思わせる田中麗奈がスゴイなぁと思います。でも最後にはやっぱりね。救われないというか、救われてはいけないというかね。悪魔は色んな人に影響を与えますけど、孤独ですね。


■カルテット
ほぼ4人の会話劇、本当に観ててワクワクしたぁー!こちらも演技派4人。一瞬で軽くもなるし重くもなるってすごいですよね。元フォルダー5推しとしてはHIKARIがこんなに活躍できてる現状にバンザイ。模索してる時代も見てきたので、今こうして「演技派」と言われるようになって感慨深いです。ちなみにフォルダー5ではARISAちゃんが好きでした。
やっぱり松たか子さんが画面に映ると締まりますよね~。もっともっと見ていたかったドラマなんですけど。終わっちゃって悲し。でも終わり方最高。ありがとうQuartet Doughnuts hole


■お母さん、娘をやめていいですか
斉藤由貴がすごすぎたドラマ。これ本当に観たくないけど観てしまう。終わった後の、こう・・・不快感、というかなんというか。それがすごいの分かってるんですけど斉藤由貴がみたくてみたくて。「これどういう結末になるわけ?絶対ハッピーエンドなんか無理なのに!」って友達を言い合いながら毎週楽しみにしてましたね。ドラマなのであぁいう結末にせざるを得なかったのかもしれませんけど、まぁハッピーエンドでしたねぇ。あと柳楽優弥が好きすぎる。あの目。あの目好きすぎる。今回のアカデミー賞でも「森田剛柳楽優弥を並べろよ!もっと攻めろよアカデミー賞!」と思ってましたけども。柳楽優弥もっともっとたくさんドラマと映画出て欲しいぃぃぃぃぃぃ。


■大貧乏
低視聴率とか言われてましたけどこのドラマだいぶ楽しかったですよね⁉こう・・・やっぱり好きじゃないですか。あっちこっちから集まってきてチームになって一人の敵を戦う系のやつ。小雪は美しいし子供たちは可愛いし伊藤淳史も可愛いし。
滝藤さんはかっこいいしあのモデル?の子もなんかいい感じで。裏切ったり裏切られたりでハラハラもしたし、最終的に仲間になってくれたりって、ヒーローものが好きな私には大好物のドラマでした!あんまり深く考えずに観れる作品も必要ですからね


■スリル~赤の章・黒の章~
小出恵介好き~山本耕史好き~最高~。展開も早くて一話完結で楽しいドラマでした!小松菜奈ちゃんが主演の赤の章と山本耕史が主演の黒の章ってそれぞれ放送されるのもなんか新しい試みって感じで。山本耕史の安定感とふり幅ってやっぱりスゴイ~。


■嫌われる勇気
めっちゃ騙されたんですけど!絶対犯人あいつやと思ってたんですけど!えぇー!お前かい!だったんですけど。これもあまり考えることなく見れて、香里奈は大した化粧もしてないのにキレイーって目の保養にもあるドラマでしたね!解剖医(?)が壇蜜意識しすぎてイライラしたんですけど。本人も壇蜜さんをイメージして的な事言ってましたけど、本当に下手な物まね見せられてる感じで毎回イラっとしましたね笑 オリジナルのセクシー解剖医でいいのにー。個人的にはシゲ&シゲだからTwitter見てるとどっちのこと言ってるのかごちゃごちゃになって面白かった♪






あとは相棒と科捜研を楽しく拝見してましたけど、別格なのでちょっとここには書ききれないな!
語りだしたらキリがないのが相棒と科捜研ですよね。あと9係。


以上、私が今期最初から最後まで見たドラマの感想でした☆

次のシーズンも面白いドラマがたくさんあるといいなぁ~
9係と沢尻を楽しみにしてます!